2012-06-22(Fri)

くくり猿

ちりめん細工の本を見ていたら、「くくり猿」という小さなお細工物が載っていました。

本によると、猿は「災いが去る、病が去る」という願いを込めて、昔は子どもの「背守り」につけたりしたそうです。「背守り」とは、背後から忍び寄る悪霊から子どもを守るためのお守りで、着物の背中に縫い付けたとの事。

きっと、一針一針思いを込めて縫われたものなんでしょうね。


その「くくり猿」を参考にして、あみぐるみを作ってみました。

120622くくり猿 (1) 120622くくり猿 (4) 120622くくり猿 (3)


色違いも作ってみました。
120622くくり猿 (2)

高さが約4㎝です。
本物の「くくり猿」はすごく小さい物のようです。このあみぐるみは背中につけるには、ちょっと大きいですね。そもそも、子どもが着物を普段着に着る事は、現代ではほぼ無いですが。

ストラップをつけるので、子どものカバンやママバッグなどにつけてもらえるといいな、と思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

てをつなごう だいさくせん

プロフィール

おはる9000

Author:おはる9000
趣味であみぐるみ作りをしています。
人形だけではなく、元保育士だった経験を活かして、こどもたちが喜んでくれるようなあみぐるみおもちゃも作っていきたいな、と思っています。

最新記事
カテゴリ(category)
最新コメント
月別アーカイブ(タブ)
twitterはこちら
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
FC2ブログランキング
FC2ブログランキングに参加しています。 よろしかったら ひと押し して下さい。

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示